v系の特徴と人気

v系の特徴と人気 v系というものをご存知でしょうか。これは、1980年代からある日本の音楽の様式のひとつになっています。音楽だけでなく、化粧やファッションといったものからも世界観を表現していますので、v系の特徴については、音楽以外にも服装についても多数の魅力があります。ですから、まだv系の特徴について詳しく知らない方は、具体的にどのようなことをおこなっているのかということをチェックしてみるのも良いでしょう。さらに、ライブや新しいスタイルの音楽も昨今多く登場しています。

v系の特徴に関しては、現在多くのファンがおり、すでに活動されているメンバーでも実際にブログに記録をつけているなど、人気の方たちは安定してメディアなどの媒体に登場しています。しかし、一方でまだ全国的には知名度がなく、これから活動をはじめているグループもありますので、地元でそのような方たちを応援したいと思っている方は、これからの将来性を期待して活動を応援するという方たちも大勢います。楽しみ方は、知名度があるメジャーのライブから、まだこれからといった地元での活動まで幅広くありますので、このあたりは自身に合った楽しみ方を知っておくといろいろと枠組みを広げられます。ですから、その点をうまく活用をできるようにしておくと良いでしょう。

v系の特徴に関しては、実際にライブ会場にいくと演出はもちろんのこと、会場の一体感やご自身が体を振り、ライブの雰囲気を楽しめるところなど、通常の音楽とはまた違った文化に触れられるところもあります。また、特徴的なメイクやファッションスタイルを知るということでも、実際に足を運んでみないと分からないことも少なくありません。そのような臨場感を、実際に足を運んで楽しんでみるということも面白いポイントになるのではないでしょうか。

v系の特徴に関しては、実際にその特徴について知っておかないと、十分に楽しめないままになってしまう可能性もあります。ですから、実際に足を運ぶことで、ほかではまず体験できないような魅力的な時間を見つけることができますので、その点を具体的に体験をしてみるということもおすすめのポイントになります。v系の特徴に関しては、普段とは違う魅力的な時間を過ごしてみたい、刺激的な音楽に出会いたいと思っている方は、一度体感してみませんか。そうすることにより、今までとは違った楽しみ方に出会える可能性は十分に出てくるのです。

■v系の音楽と歌詞
v系は、服装を華美にしたり髪型やメイクを派手にしたり、さらに小道具を使ってステージ演出をしたりといった、パッと目を引くような美的表現を重視しています。それらがv系の外見的な特徴なら、音楽的な特長の方はというと、どのバンドもロックが基本であり、曲調が暗くて重かったり、あるいは激しかったりするヘヴィーさを持つものが多くなっています。したがって、v系の音楽は個々のバンドで音楽性の違いはあれど、世界観で見るならある程度共通しているとも言えるのです。また、v系の中には、ポストパンクやへヴィメタルから影響を受けたバンドが少なくないようですが、音楽表現は特に統一されているわけではありません。

v系の独特の世界観は、歌詞にもよく表れています。多く見受けられるのが、暗い言葉や、病んだ表現のある歌詞であり、中にはグロテスクな表現を含んでいる歌詞もあります。マイナス思考が強い歌詞は、直接的な言葉で表現していることも多いですが、中には濁したり違う言葉に置き換えて表現しているものもあります。

使われることが多い言葉は、「死」「闇」「堕ちる」「薔薇」「狂う」など、マイナスや妖艶のイメージを持ちやすい言葉を使う傾向があります。もちろんこれらとは逆に、明るくポップな曲もあります。しかし、明るく歌われている曲でも根底にあるのは迷いや孤独です。 v系は、社会に潜んでいる退廃的な空気を敏感に感じ取っている若者の心情を歌っているものが多いのです。

■v系の歴史
v系の歴史を辿る上で、その源になっているロックバンドはいくつかあります。1970年代に結成された、米国の派手なメイクが特徴のロックバンドがその一つです。また1980年代前半に、英国のロックバンドのボーカルが奇抜な女装とメイクで注目にを集めました。同時期に、日本でもメイクをするロックバンドのボーカルが出てきました。

v系が一番盛んだった時期は、1980年代の末頃から1990年代にかけてとなっています。そしてv系が大きく盛り上がったのは、歌の番組に多数出場したロックバンドの功績が大きいです。彼らはv系を広く一般的に認めさせるだけでなく、曲調もテンポの速い曲からバラードまで幅広くあるため一般にも浸透しやすかったのです。その後v系は世間の評価を多く得て、大きな会場でライブをおこなうバンドも多数現れました。

しかし2000年以降、v系はかつての人気に陰りが見え始め、CDの売上が1990年代より徐々に減ってきました。ですから、現在では、ライブハウスを中心に活動するバンドが増えています。しかしそんな中でも、2010年以降、1990年代に活躍したバンドの再活動や一回限りのコンサートが行われるなど話題になりました。

■v系の外見
ライブを主とするv系バンドは、通常の他のバンドよりも視覚効果にこだわりを持って音楽を表現しており、その楽曲をイメージさせる衣裳やメイク、演出をすることでより効果を高めています。また、v系バンドは自分たちの音楽に合った形で、黒服や白塗りの和風姿でパフォーマンスするなど衣装やメイクも様々です。具体的に、衣装やメイクについてどのような意味を持っているのかを考えてみましょう。

v系バンドの衣装を見ると、どちらかと言うと黒系の衣装が多いです。黒は落ち着き、重厚、威厳といったイメージを持つ色で、有彩色を引き立たせることができます。何者にも染まらない強さと美しさを表し、自分たちを表すのに最適な色であるとv系バンドに好まれています。その一方で、最近ではナチュラルメイクと白いTシャツでライブを行うv系バンドも増えてきています。v系バンドはその服装を含むすべてがアーティストのメッセージであり音楽の表現でもあります。

また、v系バンドに限らずメイクにはいつもと違う自分を表現し、外見はもちろん、内面すらも変えてくれる効果があります。v系バンドはステージに立つ時はメイクをし、いつもとは全く違う自分達を演出し、日々ファンを楽しませてくれています。

■v系の世界観
v系バンドの多くは、視覚的な表現をパフォーマンスの重要な一部として位置づけており、各バンドのコンセプトに基づいた音楽の表現と外見的パフォーマンス、独特の世界観でファンを魅了しています。

例えば、音楽的要素に和楽器を取り入れ、和の音楽が混ざった曲とイメージがコンセプトのv系バンドは、和の要素として、着物や歌舞伎、花魁、忍者、ちょんまげなどの衣装やメイクを取り入れたりしています。音楽を奏でる前から視覚的イメージにより伝えたいものが強調され、そのバンドの特徴や個性が際立ってきます。ラウド系と言われるv系バンドでは、音楽はハードロックやニューメタルの要素が入っており、衣装や雰囲気は黒を基調としたものが多いです。美的にきれいでダークな感じのメイクやヘッドバンキングなどの男性っぽいノリが見受けられます。このようにv系バンドの中にも多種多様があり、音楽と外見が調和され、パンク風の衣装が多くなっています。

v系バンドは、自分達の世界観をもっており、それに基づくコンセプトで音楽と外見的パフォーマンスを表現しています。ファン側もライブ会場などではそのバンドと同じような衣装やメイクをしたり、その空間との一体感を持つことにより、同じ世界観を共有し、その場を盛り上げていっています。

コンテンツ

最新ニュース